河童モルヒネ

河童モルヒネ…ハードコア漫画作家。文化人。虚弱体質。

 

己を取り巻く“不条理”に対する嫌気を原動力に、狂人のフリをしながら、アメ車顔負けの燃費の悪さで絶賛活動中。

現代美術にナカユビを立て、神をも恐れぬ不謹慎さと、ヘドロのような破れかぶれ墨汁技法を武器に、日々是鍛錬、ポンコツ街道まっしぐら。

トーンもGペンも一切使わない、ほとんど筆ペンとボールペンで描かれた見にくい(醜い)原稿は、まるで上質な“便所の壁の落書き”を彷彿させる。

人呼んで『キレたインテリ』 『平成の乱れ髪』 

       『色彩無慈悲毘沙門天』

 

【職歴】

 

ニート→喫茶店→ヒーローショー(怪人)→リサイクルショップ→ニート→中華屋→無職